伐採や庭の活用は業者に依頼することで解決

ビギナーならシェア畑から

栽培

家庭菜園初心者を始めるなら、シェア畑が断然オススメです。野菜作りに必要なアイテムや装備は結構あります。家庭菜園なら、まず農地となる場所の確保が必要です。庭や家のあまりの土地などを使うなら、草むしりのためのヘラや草刈り機、トラクターなどで開墾します。この時、土壌や、岩盤がないかの確認をしないと畑自体ができるかも難しい場合があります。クワなどでさらに削ったり掘り起こしたりしながら農地を作るのです。肥料などを入れて土壌を整えたら、ようやく野菜を作ることができます。初心者にとっては道具や労力の面から難関が多いのです。この難関を超えても家庭菜園が成功するわけではありません。野菜の作り方にはコツや知識が要ります。これだけの難関を越えるには、ある程度の知識や体力が必要になります。しかし、簡単に始めたいのなら、家庭菜園初心者向きのサービスがあります。それがシェア畑なのです。野菜を育てられる農地、道具、種や苗も全部揃っているので、手ぶらで通うこともできます。さらに先輩ファーマーや、経験豊富なスタッフがレクチャーしてくれるので、作り方や育て方で悩むことがありません。無農薬でおいしい野菜を作ることができます。初心者でも安心してできるので、子供のいる家庭や家族連れからも人気があります。取れた野菜をバーベキューにすることや、丸かじりなど堪能することができるので、自然の恵みを体感できるスポットとしても人気が出てきています。